淡路島 観光.COM 淡路島在住の管理人によるオススメ淡路島の観光・タウン情報。

淡路島 観光.COMは淡路島の観光情報サイトです。

観光温泉グルメホテルや旅館の宿泊など、淡路島に関する旬の情報をお届けいたします。

サイトポリシーサイトマップ
淡路島 観光.COMホーム淡路島 観光淡路島 グルメ淡路島の特産品・お土産淡路島のイベント情報淡路島のホテル・旅館・宿泊
HOME >> 淡路島 観光 >> 淡路島 海水浴場
淡路島の海釣り情報データベース公園へ行こう!淡路島の公園紹介。淡路島の観光地図
淡路島 海水浴場
淡路島の海水浴情報!
 淡路島は周りを海に囲まれていますので、海岸沿いを車で走っているとあちらこちらに泳げそうな浜を散見することができます。とはいえ、中には遊泳禁止であったり、危険な場所もありますので、子供連れなどの場合であれば、やはり海水浴場で泳ぎたいものです。ここでは、淡路島の海水浴場をご紹介してゆきたいとおもいます。

淡路島の海水浴情報

多賀の浜海水浴場

郡家港の近くにある遠浅の海水浴場。脱衣所、シャワー、芝生広場などがある。ビーチサイドは広く、美しく整備されているので、清潔感がある。キャンプ場も併設しており、バーベキューを楽しむ姿もちらほら。また、潮干狩りを楽しむ人の姿もみられる。駐車場も広いのでおすすめ。水質、アクセス、設備と三拍子そろっており、非常に人気のある海水浴場。
※2009年現在、併設するキャンプ場はなくなり、ビーチでのキャンプ・バーベキュー禁止

慶野松原海水浴場

日本の白砂青松100選、日本の渚百選、日本の夕陽百選、日本の水浴場55選、日本の水浴上88選、さらに快水浴場百選では、日本で12箇所しかない特選の一つに選ばれるなど、瀬戸内海を代表するビーチの一つ。白い砂浜に沿って南北に続く松林は、万葉集の時代から歌に読まれるほどの名勝。海水の透明度、砂浜の美しさともに、島内でも屈指。オススメ。

大浜海水浴場

洲本市街地に隣接し、島内外から年間10万人の海水浴客が集まるビーチ。遠浅で遊泳区域が広く、波もなく穏やかなので、小さな子供連れの家族も安心して楽しむことができる。ボートのレンタルや、海岸沿いを散策する観光貸し馬もあり、売店の数も多い。また、洲本温泉が近いので宿泊には便利。例年8月上旬には淡路島まつり花火大会が催され、多くの観光客でにぎわう。このほど、環境省により快水浴場百選に選ばれた。

伊毘うずしお村 海水浴場

淡路島南ICから車で数分というアクセスの良さと、鳴門海峡が目前という景観の良さで人気の海水浴場。泳ぎながら大鳴門橋を望むことができる、という展望は他ではなかなか体験できない。もちろん水質もよく、海水浴場としても美しい。併設するオートキャンプ場も人気があり、リピーターも多い。

阿万海岸海水浴場

アクセスという点ではやや難を感じるかもしれないが、人気があり、また個人的にも大好きな海水浴場。大きくて広いビーチには南国のようなムードが漂う。砂浜、海水の美しさはともに、県内でトップクラスという声も。無料駐車場(100台)、シャワー、売店、コインロッカーなどの設備も充実している。

東浦県民サンビーチ

日本の水浴場88選、快水浴場百選に選ばれたビーチ。大阪湾を一望でき、天気が良い日には、紀伊水道に浮かぶ島々が蜃気楼による浮島として眺められることも。ビーチも大きく、美しい。また、近くには芝生広場や公園、パターゴルフなどもある。人気のある海水浴場。

江井海水浴場

西浦、旧一宮町は江井にある小さな海水浴場。入り口は狭く、また、浜までの道もわかりにくいが、ここは穴場的なビーチでオススメ。駐車場も狭く、設備が充実しているとはいえないが、少し高台に上ってビーチを眺めると江井海水浴場の美しさがよくわかる。静かに泳ぎたいのならば、ここをオススメする。

岩屋海水浴場

明石海峡大橋をわたればすぐの立地。淡路インターを降りて車で数分なので、京阪神方面からのアクセスは抜群。また、すぐそばに岩屋温泉会館が隣接しているので、海水浴の後に温泉を楽しむこともできるのはうれしい。車で十分ほどの場所に、もう一つ別の温泉「松帆の湯」もある。

炬口海水浴場

「炬口海水浴場(たけのくちかいすいよくじょう)」は洲本市街地への入口付近にある海水浴場。近くには淡路島でも人気の海水浴場である「大浜海水浴場」があるが、炬口海水浴場はどちらかといえば小ぢんまりとした海水浴場。しかし、小さくても無料の温水シャワー、足洗場、コインロッカーなどの設備はしっかりとしている。

北淡室津ビーチ

「北淡室津ビーチ」は淡路島の北部、旧北淡町室津にある海水浴場。サンセットライン沿い、室津漁港側にあるためわかりやすい。小ぢんまりとしたビーチで、規模は小さいものの遠浅であるために子供たちにも安心。軽食・レンタルなどを行っている売店が小さいビーチに三軒あるため、休憩・喫茶などをするのは便利。とれたての魚介類を使ったシーフードメニューを取り揃え、グルメも楽しめると好評。

尾崎海水浴場

「尾崎海水浴場」は淡路島の北西部、旧一宮町にある海水浴場。ここのビーチは整備が行き届き、水洗トイレや無料のシャワーといった設備はもちろん、遊歩道、芝生の広場、ベンチ、テーブルなどが整った海浜公園となっている。また、ここはぐるりと海を囲むように遠浅の人工の湾になっているために、波がなく静か。
※2009年現在、併設するキャンプ場はなくなり、ビーチでのキャンプ禁止

五色浜海水浴場

 「五色浜海水浴場」は町名の由来ともなった五色の小石(メノウ、コハク、ルリ、白、斑紋など)が敷きつめられた海水浴場。 五色浜の石は、薄く層状の結晶片岩と珪岩(チャート)からできており、美しいつやのある珪岩が一般に天然記念物といわれる五色石。 西浦を走る県道31はサンセットラインとも呼ばれ、海に沈む夕日が美しいことでも有名。

北淡県民サンビーチ

「北淡県民サンビーチ」は淡路島の北部、旧北淡町のサンセットライン沿いにある海水浴場。近くには天然ラドン温泉が湧出している「海若の宿」がある。白い砂浜が特徴的な海水浴場で、およそ五百メートルに渡って砂浜が続く。

新五色浜県民サンビーチ

五色浜海水浴場の近くにあるビーチ。新五色浜県民サンビーチは小石で埋め尽くされている。そのため、シートなどの敷物や、サンダルなどは厚手のものでないと足・体が痛くなるので注意が必要だ。 近くにはウェルネスパーク五色のオートキャンプ場や温泉などもあり、五色浜海水浴場よりもビーチの幅が広くゆったりしている。また、売店・シャワー・ロッカーなどもある。

都志海水浴場

 「都志海水浴場」はもともと遠浅の上に、潮が引いたあとは、大きな水溜りのような状態となるため、小さな子供も遊びやすい。都志川河口にあり、川によって運ばれた砂が堆積した浜が広がる。海水浴場からは風力発電の風車が眺められる。

厚浜海水浴場

 「厚浜水浴場」は洲本市から津名方面へ、国道28号線を北へ進むと右手に見えてくる海水浴場。目の前には水着のまま入ることのできるカフェ「カプチーノ」がある。ビーチの奥行きは少し狭いものの、長さはそれなりにあるし、多くの人で込み合うということもないのでゆったりと泳ぐことができる。

丸山海水浴場

 「丸山海水浴場」は、小ぢんまりとした海水浴場。駐車場のスペースが非常に少なく、設備がトイレくらいしかないというところは厳しいが、利用する人の数が少ないことと、ビーチの長さがそれなりにあるため、(およそ500メートル程)込み合うことはない。

明神海水浴場

「明神海水浴場」は、小ぢんまりとした海水浴場。浜も小さく、付近は岩場が多い。反面、磯の生物などを観察するのには適しているといえる。ただし、手袋、ビーチサンダルを用意するなど安全には気をつけたい。また、この海水浴場にはキャンプ場が併設されていたが、2009年現在キャンプは禁止となっている。

その他の淡路島観光情報はこちら

ホームページ内の文章・写真・動画等の無断転載・使用を禁じます。  (C) Copyright 2010 淡路島 観光.COM All rights reserved.