淡路島 観光.COM 淡路島在住の管理人によるオススメ淡路島の観光・タウン情報。

淡路島 観光.COMは淡路島の観光情報サイトです。

観光温泉グルメホテルや旅館の宿泊など、淡路島に関する旬の情報をお届けいたします。

サイトポリシーサイトマップ
淡路島 観光.COMホーム淡路島 観光淡路島 グルメ淡路島の特産品・お土産淡路島のイベント情報淡路島のホテル・旅館・宿泊
HOME >> 淡路島 グルメ >> うどん・そば >> 創作 うどん屋 ぜん丸

淡路島 グルメ(うどん・そば) 「創作 うどん屋 ぜん丸」

創作 うどん屋 ぜん丸

創作 うどん屋 ぜん丸 ダシが最高に旨いぜん丸うどんは管理人もオススメ。ぜひ一度食べてみて欲しい。
 「創作 うどん屋 ぜん丸」(そうさくうどんやぜんまる)は、淡路市静の里公園すぐそばにあるうどん屋さん。ダシ、麺、醤油とこだわって作ったうどんは非常に美味で、行列ができることもしばしば。昨今は、「うどん」といえば香川讃岐の讃岐うどんに代表されるように、「コシ」が重要とされる。かくいう私も、ここのうどんを食べるまでは「コシ」ばかりにとらわれていた。四国の大学に行き、讃岐うどん行脚などをしてきたこともあったために、どうしても「うどんといえばコシ。でなければうどんではない」という感覚すらもっていた。ところが、知人に薦められてここの「ぜん丸うどん(980円)」を食べて驚いた。暖かいうどんであるということで、コシにはあまり期待していなかったのだが、驚いたのは「ダシ」である。天ぷらうどんであるにも関わらず非常にさっぱりとしている。添えられているレモン、梅干のおかげだろう、これらがだし汁とマッチして、まことにあっさりとしている。そのため、天ぷらの衣がダシを吸ってサクサクじゃなくなっても、「旨い」のだ。これは驚きで、普通はサクサクの天ぷらの方が旨いと相場は決まっている。自分の好みもそうなのだが、ここのぜん丸うどんに限って言えば、ダシをすってふにゃふにゃとした衣の方が「旨い」と感じてしまうから不思議だ。ダシは、四種類の削り節と産地厳選の天然昆布、さらに醤油は二十年間継ぎ足しで熟成したものを使用しているそうだ。最初にまずダシを一口すすって、このうどんを一発で好きになってしまった。以来、ここ「創作うどん屋ぜん丸」に足を運べば、毎回のように「ぜん丸うどん」をオーダーしている。ところでもう一つのうどんを構成する要素である「コシ」についてだが、「ぜん丸うどん」については暖かいうどんということで、大したコシはない。が、暖かいうどんであれば、これはもう仕方のないことで、これだけで「創作うどん屋ぜん丸」のうどんがコシがない、というのは早計だ。事実、冷たいうどんである「ざるうどん」や「ぶっかけうどん」等を頼めば、コシのあるうどんを楽しむことができる。ゴムのような食感ではなく、どちらかというと「硬め系」だ。したがって、「コシ派」の人にも十分旨いうどんを楽しむことができる。ただ、個人的にはコシ派の人にこそ、ここの「ぜん丸うどん」をオーダーしてほしい。余談ながら、ここは150円プラス(だったと思う)でうどん大盛りが可能なのだが、300円プラスすると「大大」が可能。ただし、これくらいでもぜん丸うどんならペロリと平らげてしまうから、大食漢の男性にはこちらでオーダーすることを薦める。価格は淡路島の他のうどん屋とかわらず600円〜と高めだが、ここのダシは一度味わう価値がある。

創作 うどん屋 ぜん丸の現地情報

創作 うどん屋 ぜん丸 
● 問い合わせ / п@0799-62-4834
● 営業時間 / 11:00〜21:00(ただし、平日は15:00〜17:00は準備中)
● 定休日 / 月曜と月末の火曜日
● 駐車場 / あり
● 予算/ 800円〜

創作 うどん屋 ぜん丸へのアクセス

兵庫県淡路市志筑1171-1
創作 うどん屋 ぜん丸へは津名一宮ICより県道66号を東へ車で5分。

大きな地図で見る
ホームページ内の文章・写真・動画等の無断転載・使用を禁じます。  (C) Copyright 2010 淡路島 観光.COM All rights reserved.