淡路島 観光.COM 淡路島在住の管理人によるオススメ淡路島の観光・タウン情報。

淡路島 観光.COMは淡路島の観光情報サイトです。

観光温泉グルメホテルや旅館の宿泊など、淡路島に関する旬の情報をお届けいたします。

サイトポリシーサイトマップ
淡路島 観光.COMホーム淡路島 観光淡路島 グルメ淡路島の特産品・お土産淡路島のイベント情報淡路島のホテル・旅館・宿泊
HOME >> 淡路島 グルメ >> 寿司・和食 >> 和匠 よし乃

淡路島 グルメ(寿司・和食) 「和匠 よし乃」

和匠 よし乃

和匠 よし乃 氷製のかまくらにドライアイスという演出が美しいハモの梅肉和え 黒毛和牛の炙りなど 和匠 よし乃では最高級の食材を安価に味わうことができる。
 「和匠 よし乃」(わのたくみ よしの)は、素晴らしい食材を手ごろな価格で楽しみたい、という人にオススメしたいお店の一つ。もちろん淡路島の中でも、「和匠 よし乃」は、淡路島の旬の食材を非常に安い価格で提供しているお店として有名。今回頼んだのは、お昼のおまかせコース料理(4,000円)+α鳴門産岩ガキ(時価:1,300円〜)。もちろん、淡路島夏の味覚を代表するハモも、コースの中には含まれていたので、非常に安い価格で最高の食材を味わうことができた。料金の安さがわかりやすく、特に驚いたのは、子供の顔ほどもある、鳴門産の超巨大イワガキ。写真をみただけでは伝わりにくいかもしれないが、これ、本当に人の頭ほどもある大きさ。生をレモンで頂くというシンプルなものだが、これを1,300円というのはかなり安いのでは?以前日本海は岩ガキが名産の某場所に食しに行ったことがあったが、あの時はもっともっと小ぶり…どうやら、ここのご主人、最高級の食材、新鮮な食材を食べてもらいたい、というのがモットーらしく、その言葉に偽りはない。料理内容もこだわっており、かつて某ホテルで料理長を経験していたというのは伊達ではない。コース料理はどれも素晴らしく、鱧もつの煮こごりに茹で上げた鱧の身を添えてある一品目から、かまくら+ドライアイスという演出が楽しくも美しいハモの梅肉和え、若干フレンチの香りがするホタテのオリーブオイル蒸し〜メインの黒毛和牛の炙りに至るまで、非常に美味しい料理を頂くことができた。特に今回「和匠 よし乃」さんで頂いたものの中で、個人的に旨かったのは、ホタテのオリーブオイル蒸しと、メインの黒毛和牛の炙りである。瓦の産地である淡路島にあるお店らしく、瓦をイメージさせる白い器に乗って出てきた黒毛和牛は非常に柔らかく、口の中でとろけるようだった。肉の下には甘みたっぷりの玉ねぎがあり、ソースと合わせて頂くとさらに美味。肉と玉ねぎをソースで絡めて口にほおばるとまさに至福の一品。最後に出てきたマンゴープリンもとても美味しくて、最後まで飽きさせなかった。これら最高の食材を安価に提供し、料理内容も一級、という意味では、和匠 よし乃は淡路島でもトップクラスではないだろうか。また、これら料理については好みに併せての料理法を選択してくれるようだ。ちなみに、月二回不定休あり、さらに、昼は完全予約制とのことなので、二日前までに電話予約をしていった方がよいだろう。食材そのものが非常に素晴らしいものばかりなので、普段から気軽にランチを、という価格ではないかもしれないが、この食材でこの価格なら納得どころかむしろ安い。ちなみに和匠 よし乃で味わえるコース料理の一例を挙げると、お昼のおまかせコース(4000円〜)、夜のおまかせコース(6000円〜)、特選おまかせコース(8000円〜)、三味おまかせコース(6000円〜)、特選フルコース(8000円〜)、高級食材を生かした特選特別コース(12000円〜)などがある。(ただし、魚介類などは天然食材のため入荷価格により値段が変動することもあるとのこと)

和匠 よし乃の現地情報

和匠 よし乃 
● 問い合わせ / п@0799-24-3421
● 定休日 /  月曜(祝日の営業については、要確認)その他、月二回不定休有。
● 営業時間 / 昼 完全予約制、夜 17:00〜22:00(ラストオーダー21:30)
● 駐車場/あり
● 予算/ 5000円前後

和匠 よし乃へのアクセス

兵庫県洲本市大野694-3
和匠 よし乃へは、洲本ICから国道28号を洲本市街方面へ直進、大野下交差点を右折。そこから車でおよそ3分。

大きな地図で見る
ホームページ内の文章・写真・動画等の無断転載・使用を禁じます。  (C) Copyright 2010 淡路島 観光.COM All rights reserved.