淡路島 観光.COM 淡路島在住の管理人によるオススメ淡路島の観光・タウン情報。

淡路島 観光.COMは淡路島の観光情報サイトです。

観光温泉グルメホテルや旅館の宿泊など、淡路島に関する旬の情報をお届けいたします。

サイトポリシーサイトマップ
淡路島 観光.COMホーム淡路島 観光淡路島 グルメ淡路島の特産品・お土産淡路島のイベント情報淡路島のホテル・旅館・宿泊
HOME >> 淡路島 グルメ
淡路島のグルメについて

淡路島のグルメ、食、御食国(みけつくに)

 御食国(みけつくに)という言葉を聞いたことはないでしょうか。 食の宝庫である淡路島はその昔「御食国(みけつくに)」 とよばれ神や天皇に食物を献上していた、いわばグルメの島であった、といわれています。もう少し詳しく紹介してみますと、御食国(みけつくに)とは、日本古代から平安時代まで、贄(にえ)の貢進国、すなわち天皇家・朝廷に海水産物を中心とした御食料(穀類以外の副食物)を貢いだと推定される国を指す言葉です。国によっては、租・庸・調の税とは別に贄の納付が定められていたと考えられています。『万葉集』にある郷土礼讃の歌に散見され、『延喜式』の贄の貢進国の記述、平城京跡から出土した木簡の記述などから、淡路島だけではなく、そのほかにも若狭国・志摩国なども御食国だったのでは、と推定されているようです。

 つまり、淡路島は天皇などにも認められていたグルメの島なんだ、ということができるわけです!!う〜ん、淡路島民として、少し嬉しくなりますね。普段あんまり褒められることが少ないもので・・・。しかし、実際当時は庶民がグルメであったとは考えにくく、当時最もグルメな人たちとは、やはり身分の高い人々であった、というのは用意に想像できるはずです。
 さて、淡路島に観光旅行に来たときは、ぜひとも、美味しい料理を味わって頂きたいものです。自然を楽しんだり、鳴門の渦潮を楽しんだり、というのも悪くありませんが、旅行だけでは少し寂しいですね。実際に観光旅行の楽しみの一つはやはり、地元の食材を使った美味しい食事にあるといえるでしょう。

 淡路島で美味しいもの、といえばやはり魚を使ったお寿司や和食、といった料理を想像される方が多いのではないでしょうか。有名なもので言えば、淡路島の真ん中にある洲本市の、由良(ゆら)という町では、特に魚介類が有名です。そこで採れる「赤ウニ」や「黒ウニ」は、高級料亭などに出荷され、地元の漁師の口に入ることもあまり少ないそうです。シーズンでは、これらのウニを求めて多くのグルメが淡路島に観光旅行にやってきます。もちろん、由良だけではありません。北は岩屋などの漁師町では、明石海峡の、南は福良などに代表される町でも鳴門海峡の、それぞれの魚介類を楽しむことができます。夏はハモ、冬はフグなども有名で、グルメにはたまらないですね。
 さて、このように淡路島は、多くのグルメを唸らせるこれら海産物や、魚介類に恵まれています。実際に淡路島に観光に来た人は、魚介類を使った料理を楽しみにしている人が多いようです。

 もちろん、淡路島といえば淡路ビーフを忘れてはいけません。淡路島の焼肉店、特に南あわじ市(旧西淡町)は、美味しい焼肉で有名です。淡路島民の私も大好きで、折にふれては食べにゆきます。淡路島に観光旅行に来たのなら、これらの料理も楽しんでほしいと思います。実際、私のグルメの友人も、淡路牛は気に入っており、よく淡路島外から食べにきます。

他にも洋食でも美味しいお店がありますし、食材の良さ、という点ではぜひ一度食べてほしい!という料理がたくさんあります。少しずつではありますが、このサイトで紹介してゆきたいと思います。

淡路島に観光にきたら、美味しいお店で食事を楽しんで欲しいと思います。観光とともに、グルメ旅行もぜひ、どうぞ!

ホームページ内の文章・写真・動画等の無断転載・使用を禁じます。  (C) Copyright 2010 淡路島 観光.COM All rights reserved.